レチノール,副作用

レチノールの副作用

 肌を若返らせる効果のあるレチノールですが、副作用が出る場合もあります。初めてレチノールを使う人は、副作用について理解しておく必要があります。

 

レチノール,副作用

 

レチノール反応

 レチノールを使用することにより、肌のかさつきやかゆみ、顔が真っ赤になってしまったり、顔の皮が剥けるなどのトラブルが出る方もいます。これはビタミンAが不足している肌に、ビタミンAを与えてしまうことでこのような症状が出てしまうのです。レチノールを使用する時は容量を守りましょう。また、敏感肌の方や刺激の弱い方はレチノールを使用しない方がいいでしょう。

 

※パッチテストがおすすめ
レチノールは刺激が強いため、肌の弱い方は赤身やかゆみの症状が出る場合があります。レチノールを使用する前にパッチテストを行いましょう。

 

 

レチノールの注意点

 レチノールを使用する時は注意点があります。

 

≪紫外線によるダメージに注意≫

 

レチノールを使用することでターンオーバーを促してくれますが、肌の表面には、まだ新しくて刺激に敏感な細胞があるということなので、紫外線によるダメージを受けやすくなります。そのため、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策をして、肌に刺激を与えないことが大切です。

 

≪肌が弱っているときは使用を控える≫
 肌が弱っている時は刺激を受けやすくなっているため、レチノールが刺激となり、皮が剥けてしまったり、赤身や炎症などの原因になる場合があります。

 

≪妊娠中の摂取に注意≫
 レチノールには催奇形性があるため、妊娠中に過剰摂取してしまうと奇形児が生まれる可能性が高くなってきます。そのため、妊娠中はレチノールの使用を控え、サプリメントは摂取しないようにしましょう。

 

≪ステロイドとの併用に注意≫
 ステロイドには表皮細胞の増殖を抑制するというレチノールとは逆の作用があり、ステロイドとレチノールを併用してしまうと、お互いの効果が出なくなってしまうのです。

 

 

 

 

レチノールには副作用やたくさんの注意点がありますが、女性にとっては非常に嬉しい効果をもたらしてくれる成分です。レチノールを正しく使用し、みんなが羨むような美肌を手に入れましょう!

 

レチノール,副作用

 

トップページへ