レチノール,クレータ-,効果

レチノールってクレータにも効果あるの?

顔のニキビが治った後にできるクレーターが気になることがあります。このクレーターはレチノールによって改善することは出来るのでしょうか。肌のクレーターは肌表面にできた傷のようなものですので、完全に消すことは難しいですが、お手入れによっては目立たなくすることが可能です。

 

肌には表皮と真皮があります。真皮には、線維芽細胞というものがあり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの肌にハリと弾力をもたらす成分が作られています。

 

レチノール,クレータ-,効果

 

 

レチノールはコラーゲンを増やす効果が期待できる。

 

レチノールには、この真皮で作られるコラーゲンを増やす効果が期待できます。レチノール配合の化粧品を使用することで、肌の生まれ変わりを促進して、コラーゲンの生成を活発にして、白く健康な肌が再生していきます。その中で、顔のニキビ跡であるクレーターも少しずつ薄くなっていくのではないでしょうか。レチノールにはピーリングの効果もあり、ピーリングは真皮層のコラーゲンを増やす作用があることが医学的にわかっています。あまり頻繁にピーリングを行うことはよくありませんが、定期的にピーリングを行うことで、古い角質層が除去されて新しい細胞が生まれ変わる手助けをしてくれます。レチノールにはこの肌の新陳代謝を活発化させる作用が期待できますので、古いニキビ跡も角質層とともに除去されることで奇麗な肌が生まれ変わることが出来ます。

 

 

 

古い角質層を取り去って新しい素肌を再生させる。

 

ニキビ跡の改善には、古い角質を取り去ることが必要になります。肌は生まれ変わっていますので、顔のニキビ跡などもケアによって次に再生する肌は美しく保つことが可能です。そのためには、ピーリングで古い角質層を除去し、レチノール配合の化粧品などで、肌のターンオーバーを正常化させて、肌の再生を図る必要があります。
レチノールを使うと、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発になりますので、ふっくらとニキビ跡の目立たない肌を目指せることになります。

 

 

 

ターンオーバーの周期は30〜40代では45日間

 

肌のターンオーバーの周期は、30〜40代になると45日間のサイクルになります。だんだん肌の再生期間は長くなっていきますので、傷跡なども治りにくくなったと感じることも多いです。一度ニキビ跡が出来てしまうとなかなか治らずにそのままということがあります。そのような場合にもレチノール配合の化粧品を使うことで肌のターンオーバーが整えられますので、健康な肌が再生する手助けをしてくれます。

 

 

まとめ

 

レチノール配合の化粧品を使用することにより、肌のターンオーバーを促進させて、肌の古い傷などを排出してくことで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、健康な素肌を再生していくことへとつながります。クレーターを目立たなくしていくには時間も必要になりますので、レチノール配合の化粧品を使用される場合には長く使えるものを選ぶことをお勧めします。

 

レチノール,クレータ-,効果

 

トップページへ