レチノールの多い食品

レチノールが多く含まれている食品を紹介

レチノールはビタミンAの一種です。油に溶けやすい脂溶性ビタミンです。、人にとって欠かせないビタミンです。
そこでレチノール(ビタミンA)の多い食品について調べていきました。

 

レチノールの多い食品

 

 

 

レチノールの多い食品

 

レチノールはレバーや卵、乳製品に多く含まれます。鶏・豚・牛のレバーにはレチノールが多く含まれます。
うなぎにも多く含まれています。レバーなどであれば、レバニラ炒めなどにすると、レバーのレチノールとにらの栄養分も一緒に取り込むことができます。

 

また油で炒めることによって、レチノールが体に吸収されていくのを助ける効果もあります。
卵は、目玉焼きやスクランブルエッグ、お味噌汁やスープにも入れて飲むことができます。コレステロール値も気になりますが、他の食材との相性もいいですし、手軽にレチノールが取れる食材となっています。
牛乳にもレチノールが含まれています。そのまま飲むのもいいですし、バナナやリンゴと混ぜて
ミックスジュースにすることによっても飲みやすくなります。牛乳を飲むとお腹が痛くなるという人は気を付けてくださいね。

 

 

レチノールの多い食品

 

レチノールが多い緑黄色野菜

 

レチノールが多い食品には、βカロテンの多い緑黄色野菜があげられます。
βカロテンは体内でビタミンAに変換されますので、トマトやかぼちゃやニンジン、ピーマンなどの色のついた野菜を積極的にとるといいですね。
食生活や生活習慣が乱れていたりすると、レチノール不足になったりすることもあると思いますので、緑黄色野菜などもバランスよく摂取するように心がけることで、肌荒れなども治っていくことにつながります。

 

レバニラ炒めなどは、レチノールが豊富なレバーとβカロテンが豊富なニラを油で炒めることにより、より効率的にレチノールを摂取できることになりますので、おすすめのお料理です。

 

 

まとめ

 

食生活や生活習慣の乱れによりレチノールが不足すると肌の再生に必要な成分が体に不足するので、なかなか肌荒れが治らなかったり、ニキビができやすくなったりするのですね。
レチノールはサプリメントで摂取することも可能ですが、肝臓などへの負担を考えると、食品から自然に摂取するのが一番ベストな方法になります。

 

加えて、レチノール化粧品で気になる部分をケアすることによって、肌の再生を促して、美肌へを導いていってくれるのですね。レチノール化粧品を使っていても、食事や生活習慣に乱れがあると効果が半減してしまうと思われますので、栄養豊富な食事と適度な運動など生活習慣も見直して、改善していくといいですね。

 

レチノールの多い食品

 

トップページへ