レチノール,トレチノイン

レチノールとトレチノインの関係

レチノールと一緒に聞くことの多い、トレチノインにはどのような効果があるのでしょうか。
調べていきました。

 

レチノール,トレチノイン

 

レチノールとトレチノイン

 

クリニックなどに行くとレチノールを使った治療が行われています。クリニックなどで使うレチノールは「トレチノイン」というもので、ビタミンA誘導体の1種です。
トレチノインには、ビタミンAの100倍の効果があるということで、高濃度のレチノールよりもはるかに効果は高いものとなっています。そんなトレチノインをニキビ跡に塗ると、劇的にニキビ跡が改善していくという効果が得られます。ニキビ跡の部分に重点的にトレチノインを塗ることで、ニキビ跡の部分の皮膚のターンオーバーを促して、肌が再生し、ニキビ跡の古い角質がとれて、新しい素肌が生まれ変わることにより、ニキビ跡が消えていきます。短期間でどうしてもニキビ跡が直したい場合には、クリニックなどで、トレチノインでの治療を行うことによって、ニキビ跡を目立たなくすることも可能です。

 

レチノール,トレチノイン

 

 

高濃度のレチノールよりもさらに効果のあるトレチノイン

 

市販されている高濃度のレチノールに比べて、トレチノインはさらに100倍ほどの効果が期待できます。
効果が非常に高いため、医療クリニックでのみ使用が可能となっています。トレチノインの濃度はクリニックでは0.1%くらい配合されているクリームが多く処方されています。市販のレチノールで効果が感じられないという方は、クリニックを受診されて、トレチノインを処方してもらうという方法もあります。肌が弱い人用には
0.025%のトレチノインクリームなど低濃度のものもあります。ただ、ビタミンAの100倍の効果も期待できますが、その分、肌への刺激には課題が残ります。肌がぴりぴりしたり赤くなったりすることがある様子です。

 

レチノール,トレチノイン

 

 

レチノールとトレチノインの関係のまとめ

 

レチノールとトレチノインについて調べてきました。トレチノインは高濃度のレチノールに比べてさらに効果のある物質の様子です。ただ、刺激も強いので、医師の指導の下に使われることが条件の物質となっています。
レチノールでも刺激がある場合には、トレチノインを使うとさらに刺激が増すかもしれませんので、注意が必要です。レチノールなどは体全体にも使えるということですが、トレチノインの場合には、気になるニキビ跡はやクレーターの部分に少量塗ることによって、肌の再生を促してあげるといいですね。
短期間でも効果がみられるということで、どうしても気になるニキビ跡などには使ってみるのもいいですね。

 

レチノール,トレチノイン

 

トップページへ