レチノールってニキビに効果があるの?

レチノールってニキビに効果があるの?

レチノールはビタミンA誘導体であるため、肌の新陳代謝を活発化して、肌のターンオーバーを促進し、新しい肌に生まれ変わる手助けをしてくれます。肌のターンオーバーにより、肌の古い角質層が排除されて、新しい角質が生まれます。それによってニキビ跡も少しずつ消えていきます。

 

 

 

 

レチノールのニキビに対する効果

 

レチノールは健やかな肌を保つためには欠かせない成分となっています。ニキビなどの炎症が起きているものには効果はまちまちですが、すこやかな肌を保つために、皮脂の量をコントロールする作用もありますので、ニキビができにくい肌へと肌質が変化していく可能性はあります。
また、高濃度のレチノールが配合されている化粧品を使うと、クレーター状になっているニキビ跡も、肌のターンオーバーによりだんだんと古い角質が排除されていき、次にできる皮膚は健康な白い肌になります。
ニキビ跡だけでなく、たるみなどにもレチノールは効果的に働きます。
レチノールを浸透させることで、肌の新陳代謝が活発化して、肌の再生能力がアップしていくのですね。

 

レチノールのピーリング効果

 

レチノールには古い角質を排除していく効果が期待できます。ですので、角質がたまりすぎて、肌が厚くなりsのせいで毛穴に皮脂が詰まっているというときに使用すると、ニキビ対策としては非常に効果的です。
しかし、角質はたまっていないけれど、皮脂が詰まってできているニキビに対しては、レチノールは効果がありません。思春期にできるニキビなどはこのタイプのニキビになりますので、レチノールでは効果がないです。
大人になってからできるニキビには、角質がたまっていることが原因のニキビも多いですので、レチノールも効果的となっています。

 

 

まとめ

 

レチノールのニキビに対する効果について調べていきました。レチノールの肌のターンオーバーの効果を利用した方法で、ニキビを減らしていけるということですね。年齢が進んでくると、肌の新陳代謝が滞り、ターンオーバーがリズムよく行われないことがニキビやシミの原因となっていることも多いですので、レチノールを使うことで、そのリズムを整えてあげるといいということです。大人ニキビには、レチノールが効果的ですので、肌のしみやくすみなどが気になるときには、レチノール配合の化粧品でケアするといいですね。肌のターンオーバーを活性化させることで、健やかな美肌を目指すことができます。

 

 

トップページへ