レチノール活性当量

レチノール活性当量とは何?詳しく紹介します!

ビタミンAは油脂にとける脂溶性ビタミンの一つで、レチノール活性当量として表されます。
これは動物性食品に含まれるレチノールの量と、主に植物性食品から摂取されるβカロテンなどのカロテノイドが体内でビタミンA作用をする場合の換算値の合計となっています。
すこし前までは、ビタミンAはビタミンA効力で表されていましたが、ビタミンA作用をする量であるレチノール活性当量であらわされるようになりました。

 

レチノール活性当量

 

ビタミンA(レチノール活性当量)の働きとは?

 

ビタミンAは発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗い所でも目が慣れて見えるようになる機能にかかわったり、のどや鼻などの粘膜に働いて、細菌から体を守ったりするたくさんの重要な役割を担っています。
ビタミンAが不足すると、とり目と呼ばれる暗い所で目が見えなくなる欠乏症が起こることが報告されています。
ビタミンAが不足している状態では、皮膚および粘膜の乾燥や角質化などを生じるために、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まって、感染症にかかりやすくなります。

 

レチノール活性当量

 

 

ビタミンA(レチノール活性当量)の摂取方法

 

ビタミンAはレバーやうなぎ、卵やマーガリン、チーズ、緑黄色野菜に多く含まれています。
日本人においては、野菜である緑黄色野菜から摂取するビタミンAが一番多く、摂取量の4割を占めています。

 

にんじんやピーマンやかぼちゃなどがありますね。食品からも摂取可能なビタミンAですが、レチノールクリームなどでは肌からもビタミンAを供給することができます。食事などだと、栄養分以外にも、脂質や糖質などを摂取しますのでカロリーなどが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。規定量のビタミンAを摂取するとなると摂取カロリーもそれなりのものになってきますね。

 

 

 

まとめ

 

レチノール活性当量について調べていきました。レチノール活性当量とは、ビタミンAのことを指すのですね。
食べ物からでもビタミンAを摂取することができますが、肌からもビタミンAを供給して、より効果的にしみやたるみを改善していくことを期待してレチノールクリームは作られています。

 

必要な成分のみを効果的に取り入れられるのもレチノールクリームの良い特徴ですね。
うなぎや卵を必要な量食べることは大変なこともありますし、カロリーも気になりますので、レチノールクリームでビタミンAを補給できると、肌の再生にもよい影響があり、より効果的に肌が生まれ変わっていきます。

 

レチノール活性当量

 

トップページへ