レチノールクリーム,注意点

レチノールクリームの注意点!ポイントは濃度?

レチノールクリームを使用するにはどんな点に注意するといいのでしょうか。
調べていきました。

 

レチノールクリーム,注意点

 

レチノールクリームを使うときの注意点

 

レチノールクリームを使うときには、日光に当たるとシミの原因になるために、夜寝る前に使用するといいです。
眠っているときに肌が生まれ変わっていますので、夜眠る前に使うことで、より肌の再生を促進することができます。また、海外産のレチノールクリームはレチノールが高濃度で配合されていますので、あまり大量に塗りすぎないことが肝心です。塗りすぎると、ひりひりしたり、かゆくなったりすることがあります。クリームの伸びもいいですので、ほんの少しで効果が出るということです。

 

レチノールはレチノイン酸という物質に変化して、肌のターンオーバーを促進しますが、このレチノイン酸の皮膚をターンオーバーさせる力というのはかなり強力で、無理やりターンオーバーさせていることになります。
そのために、刺激が強くなり、肌荒れのリスクも高まります。
レチノイン酸は紫外線にも弱いので、日中などはUVケアなどもしっかり行うことが必要になります。

 

 

 

レチノールの濃度は?

 

レチノールは高濃度で使用する場合には医薬品扱いになります。高濃度で効果も高いですが、肌への刺激などの副作用も大きいです。化粧品として使用する場合には、低濃度なものとなり、刺激や副作用は少ないですが、効果も少し低くなると考えられます。

 

レチノールを使用すると、敏感肌でない場合であっても、肌がかさかさするとか、肌の乾燥を感じる、かゆみを感じる、赤みや刺激を感じるというような副作用を感じられる方も多いです。
このような反応をレチノイド反応といいます。この副作用による反応は、使用量を減らしたり、使い続けることでお肌が慣れて問題なくなることも多いです。

 

レチノールクリーム,注意点

 

レチノールクリームの注意点まとめ

 

レチノールを使用する際の注意点について調べてきました。海外産のレチノールクリームには医薬品に相当するほどのレチノールが高濃度で配合されているものもありますので、使用の際には、クリームをたっぷりつけすぎないように注意することが必要です。レチノイド反応が気になって使い続けることをためらわれる方も多いかと思いますが、様子をみながら使う量を減らしてみたりして、肌への影響を観察していってください。
1~2週間程度で収まってくる場合も多いですので、使い続けることも可能です。
あまりにレチノイド反応がひどい場合には医師に相談されてください。

 

レチノールクリーム,注意点

 

トップページへ