レチノールクリーム,シミ,効く

レチノールクリームって本当にシミに効くの?

レチノールクリームは、ビタミンA誘導体ともいわれるトレチノイン酸を含有したクリームです。
角質層を剥離させ、皮膚の基底層に働きかけて、コラーゲンの増殖を測る作用があります。
また、皮脂腺の分泌を抑える働きもあるので、小じわやしみだけでなく、ニキビ跡の治療と予防にも用いられます。

 

レチノールクリーム,シミ,効く

 

 

 

レチノールクリームがシミに効く?!

 

レチノールは角質層を剥離させ、細胞分裂を活性化させて、皮膚の再生を促します。
また、真皮のコラーゲン生成を促し、ヒアルロン酸の分泌を高めます。肌のハリに必要になる成分を、体の内部から生成するのを助ける効果があるのですね。

 

肌は毎日生まれ変わっていますので、シミなどの色素沈着も数か月で肌が入れ替わっていくことにより、美白ケアをすることで、白い肌へと生まれ変わります。
紫外線などの刺激によりメラニンが活発に働くことによってシミができていきますが、レチノールを使うことで、そのメラニンの活発化も抑えられ、白いきれいな肌へと導かれていきます。

 

レチノールクリーム,シミ,効く

 

 

ニキビ跡によるシミにも効果的

 

ニキビ跡などで色素沈着してしまったシミにも効果的です。
レチノールを浸透させることで、色素沈着をしてしまった角質層を剥離させ、皮膚の基底層で細胞分裂が活発になり新しい肌の組織が生まれ変わります。

 

また、真皮でのコラーゲン生成も活発になりますので、ハリと弾力のある肌が生まれ変わることになり、シミも徐々に目立たなくなっていくということです。
シミはシミ紫外線などの刺激によっても増えていきますし、専門の機械で測定するとしみになりかけのシミというのが顔にはたくさんあったりしますので、レチノールを補うことによってきれいな素肌を肌の奥底から生み出すことが出来るのですね。

 

 

 

まとめ

 

レチノールがしみに効果的であるのかについて調べていきました。レチノールは体にも存在しているビタミンAの1種ですので、肌から摂取することによっても、その効果が期待できます。

 

肌の新陳代謝を活発にして、コラーゲンやヒアルロン酸などのハリやうるおいに必要となる成分を体の中から生成することにより、肌に若々しさを取り戻すことができます。外から、コラーゲンやヒアルロン酸を摂取するのもいいですが、体内で生成できるように促してくれるのがレチノールの効果なのですね。
肌の新陳代謝が活発になることで、できてしまったシミなども徐々にターンオーバーしていき、より綺麗な素肌へと導いていってくれます。

 

レチノールクリーム,シミ,効く

 

トップページへ