レチノールとは?その効果を紹介

レチノールとは?その効果は?

レチノールという言葉、聞いたことがありますか?いろいろな化粧品に配合されているのですが、どんな美容成分なのでしょうか?また、レチノール配合の化粧品を使うことによってどんな効果があるのでしょう?知らない方が多いと思います。
 では、レチノールについて理解を深めていきましょう。そして効果や副作用、注意点について説明していきます。

 

レチノール 効果

 

 

レチノールとは?

 ズバリ、ビタミンAのことです。このビタミンAは、緑黄色野菜に含まれている栄養素です。緑黄色野菜にはカロチンという成分が含まれており、体内でビタミンAに変化します。
 このレチノールですが、もともとは私たちの体内に存在しています。血液中にあるビタミンAのほとんどがレチノールなのです。

 

レチノール 効果

 

 

レチノールの効果とは?

 

レチノールを使用することで、どんな美容効果があるのでしょうか?

 

≪美肌成分を生成し、繊維芽細胞を作り出す≫
 肌はコラーゲンなどの成分を繊維芽細胞で作り出していますが、加齢などにより機能が衰え、美肌成分であるコラーゲンやエラスチンといった成分の生成量が減少し、しわができやすくなります。それを改善してくれるのがレチノールです。レチノールは美肌成分を作る繊維芽細胞に働きかけ、活性化されることで美肌成分の生成量が増えます。美肌成分の生成量が増えるとお肌のハリや弾力がよみがえり、しわやたるみが目立たなくなるのです。

 

 

≪ターンオーバーをサポートし、美白効果≫
 ターンオーバーとは、表皮の新陳代謝のことをいいます。年齢を重ねるとともに新陳代謝が低下していき、周期が変化してしまうこともあります。紫外線やストレス、睡眠不足や偏った食生活などの影響により、ターンオーバーは乱れていきます。肌のくすみやシミなどの症状が現れたら、ターンオーバーの機能が低下しているサインです。レチノールを使用することで、ターンオーバーが活性化され、シミの原因であるメラニン色素をスムーズに排出してくれます。これによりシミやくすみの改善もできます。そしてニキビの悪化も防ぐことができます。

 

レチノール 効果

 

 

トップページへ